【Python】第1章 「やさしい入門」
1.4 記号定数

プログラム内で直接数字を記入すると、可読性が落ちます。
前項では、華氏0~360の摂氏を20度ステップで求めました。

これを例えば10度ステップにしたい場合、自身で修正する場合は問題無いのですが他人のコードを修正する場合、まずソースコードの理解から始める必要があります。
これを避ける為、定数宣言をすることをおすすめします。

サンプルコード

1行目のSTEP=20が定数宣言です。
前回のプログラムとは異なり、for文の中では定数STEPを利用してカウントアップを行っています。

本当の意味で定数とはプログラムでは書き換えの出来ない変数を指します。
C++言語ではconstを先頭に付けることで定数で有ることを示すことが出来ます。
C言語は#define宣言です。

実はPythonは言語として定数をサポートしていません。
そこで慣例として大文字で定数を宣言することで定数であることを解るようにしています。
つまりプログラム作成者が注意して書き換えないようにすると言うことです。

ちょっとC++言語と比較して使いにくいと感じ筆者です。
C/C++の宣言方法はこちら。

今回はここまで。

python教室総合目次に戻る

 

 

 

 

 

 

Python教室

Posted by taka