【Python】while文

同じ処理を繰り返す場合、while文を利用します。
while文ではwhile部分に条件式を記述、条件が真(true)の間whileブロックの処理を行います。

 

while文の構文

実際にプログラムではこのような構文になっています。
while 条件式:
繰り返し処理

 

while文例

例文として任意の数字をを連続して足す計算を作成します。
条件としてかけ算禁止とします。

簡単にプログラムを説明します。
最初の2行で足す元になる数字と足す回数を入力しています。
while文は条件が真の間ループしますのでループした数を数えるためにcount変数を用意しています。
while文ではcont回数、つまり足した回数が指定値renzoku以下の場合,while内の処理を行っています。

while文のブロックは字下げされたインデントで判断しますので、count+=1までがwhileのブロックになります。
whileに記述出来る条件式もif文と同様です。

今回はここまで。

お疲れ様でした。

python教室「総合目次」に戻る

 

 

 

Python教室

Posted by taka