【Python】文字列リテラル・数値リテラル

文字リテラル

'hellor world’のように’で囲まれた値を文字リテラルと言う。
“で囲んでも同じ文字リテラル。

print(“hello world")
も同様の結果になることを確認しましょう。

文字リテラルの演算

文字リテラルでも+および*の演算子が利用出来ます。

文字リテラル+

+は文字の連結を行います。
print(“hello world" + “こんにちは")
hello worldこんにちは

文字列の繰り返し*

*は文字列を繰り返す場合に利用します
print(“hello world" *2)
hello worldhello world

数値リテラル

数値(整数や小数)を"や’で囲まず記述。
数値そのものを利用する際に使う。
数値リテラルは算術演算子(+,-,*,/など)が利用出来る。

エスケープシーケンス

例えば、改行を表すEnterキーなどは文字列リテラルにそのまま記述出来ません。
このようになっていまいエラーとなってしまいます
“hello world
"

そこでこのような特殊なキーはエスケープシーケンスと呼ばれる特殊な記号で表すことになっています、
以下は代表的なエスケープシーケンスです。

\n 改行
\’ '
\" “"

改行の例です
print(“hello world\nhello world")
hello world
hello world

今回はここまで。

python教室総合目次に戻る

 

Python教室

Posted by taka