【Python】数値の表示および演算

数値の表示

前回はhello worldの表示を行いました。
そうですね、表示したい文字を’で囲むのでしたね。
それでは数値はどのように表示するのでしょう。
数値の場合はもっと簡単です、そのまま記述するだけです。
例えば100を表示してみましょう。
print(100)
実行すると100が表示されましたね。

演算

それでは、数値を足してみましょう。
こちらも簡単です。
print(100+100)
実行すると100が表示されましたね。

足し算は算数と同じように記述できますが、プログラムで特殊な書きかたもあります。
表にまとめましたので覚えてしましましょう。

演算子 意味 補足
+ 加算
減算
* 乗算
/ 除算 結果は小数になる
// 除算の商 結果は整数になる
% 除算の余り
** 累乗 2**3 2の3乗を示す

今回はここまで

python教室総合目次に戻る

 

 

Python教室

Posted by taka